庄黒郎農園利用規約                                
                                                       
平成22年 4 月 1 日

 
第1条 【目的と名称】
    この規約は、農園利用者の方々が協力し合い、貸与された耕作地及び、農園の保全を図り、
    これからの食と生活を考える場として地域の活性化や農業資源の活性化を目的として運営
    されるものです。また、この農園を庄黒郎(しょうくろう)農園(以下農園と呼ぶ)と称
    します。
    なお、当規約の農園の利用者とは、農園と利用契約をし会員登録された者、及びその会員
    と同伴し農園を利用する者をいいます。


第2条
  【利用者の資格】
    農園の利用者は、次の条件を満たすものとする。
     
1.他の利用者、運営者と友好的に交流をもてる者。

     
2.農園の年間活動プログラムに参加する意志のある者。

     3.充実した菜園を目指す意志のある者。

     4.農園における共同作業(年1〜2回程度)に参加できる者。

     5.庄黒郎農園利用規約等を遵守できる者。


第3条 【利用の申込】
    利用希望者は、会員登録のため、所定の利用申請書に必要事項を記入の上申し込むものとする。
     1.申し込みは所定の申し込み用紙に記載事項を書き込み提出してください。

     2.利用者は複数区画申し込むことができるものとします。

     3.特定の区画の指定はできないものとします。

     4.申し込みごとの代表者の方の身分証明書または住民票などを提出してください。


第4条 【利用者の選考】
     1.農園運営者による審査により利用者を決定するものとします。
      運営者より、利用決定者及び指定区画を後日お知らせします。


第5条 【利用の契約】
     
1.区画利用決定者は農園運営者からの当選通知があった日から6営業日以内に指定の
      銀行口座に入金を行なうものとする。

      
期限期日内に入金が確認できない場合は、決定が無効となります。

     2.
入金が確認された時点で農園の賃貸契約を締結成立するものとし、農園の会員に登録
      されます。
      また、手続き終了後、速やかに決定区画の確認をしてください。


     3.
契約期間は毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間とします。
      *2010年に限り、月契約となります。


     
4.契約満了の3ヶ月以前に更新の申し出があった場合契約日の属する年度より起算して最
      長3年まで更新することが可能とします。


     
5.会員登録した利用者(以下会員と称す)は、貸与された耕作地を第三者に転貸しする
      ことはできません。


     
6.会員は、貸与された耕作地に建造物の構築、及び菜園以外の利用はできません。

     
7.退会または会員資格を喪失した場合は、直ちに利用を中止することとします。
      この場合、年度内においても、利用料金の返金はありません。

8.会員証の発行: 1申し込みに付き代表者(会員)用1枚、他(登録者)用2 枚までの会員証を発行します。
会員が本農園を利用する場合は、会員証を常に携行し、係員から要請があれば提示しなければなりません。農園の利用は、原則として会員証を有するもの、及び会員証を有するものと同伴のものとします。
また、会員は、第三者に会員証を貸与できません。
会員は、会員でなくなった場合は会員証を当農園に返却していただきます。


第6条 【農園の利用と環境保全】

    
 1.農園における作物の栽培は自家消費のものに限定することとします。

     2.利用者は、原則として無農薬栽培を理解し実践することとします。
      但し、伝統的な天然忌避剤などの利用は可とします。
      (唐辛子、酢、ニンニク、ニームなど)

     3.利用者は良好な環境を保全するため、騒音や悪臭の防止に努めなければならないこととし
      ます。

     4.他区画に迷惑をかける管理状況とならないように努めなければならないこととします。


第7条 【契約の解除】
     1.会員が契約締結後において良好な管理を行わない場合、契約を一方的に解除できるもの
      とする。この場合、利用料は返還いたしません。


第8条 【災害の補償】
     1.
農園運営者は、利用者が受けたいかなる災害に対してもその責を負いません。


第9条 【損害の賠償】
     1.利用者が農園施設に損害を与えた場合、利用者の責任において補修し、運営者の同意を受
      けなければなりません。


第10条 【退会】
      1.退会は、退会の申出を予め3ヶ月前に行うことにより、退会することができます。
       また、以下の一つに該当した場合は退会するものとします。

1、会費を支払わなかった場合
2、会員が死亡もしくは法人が解散した場合
3、会員が除名された場合
4、農園が解散した場合

      2.会員が退会した場合は、会員としての一切の権利を失います。

      3.会員が退会した場合、会員は農園が指定する期日までに植栽物や資材を全て取り除き
更地状態にして返還するものとします。

      4.会員が退会する場合は、所定の方法(書面提出)にて運営者に届け出るものとします。

      5.農園は、既に受領した会費その他の債務の払い戻し等は一切行いません。


第11条 【会員の資格喪失】 
     農園利用者は以下の場合、会員資格を喪失するものとします。
      1.他の会員もしくは第三者の財産、プライバシー、もしくは肖像権を侵害する行為、又は
       侵害するおそれのある行為があった場合。

     2.農園、法人、他の会員、もしくは第三者を誹謗中傷し、又は他者の名誉もしくは信用を毀損する行為。

      3.農園の利益に反する行為を行った場合。

      4.農園施設を故意、または重大な過失により毀損した場合。

      5.農園が認めない会員相互の団体等をつくり、もしくはその行為を会員及び利用者に働き
かけた場合。

      6.入会に際し、虚偽の申告、または記載等があった場合。

      7.犯罪があった場合。

      8.以上は会員が同伴するものの行為も含みます。


第12条 【利用制限、サービス提供の中断】
      1.次の各号に該当する場合、農園は、本サービス及び諸施設の全部又は一部の閉鎖、若
       しくは休業することができるものとします。

1、気象災害、その他外因的事由により災害が生じるおそれがある場合。
2、施設の増改築、修繕又は点検によりやむを得ない場合。
3、その他、重大な事由によりやむを得ない場合。


第13条 【支払い方法

会費は、年額一括前払いとし、農園指定の銀行口座に振り込むものとします。
また、金融機関の振り込み控えにて領収の代わりとします。

          

 


第14条 【免責

      1.農園の運営に支障がないように努めますが、台風・地震などの自然災害に起因する
事故及び動物被害や盗難による損害については責任を負いません。また栽培の成果・
収穫は各自の責任とします。

 


第15条 【損傷

      1.会員は自らの責に帰する事由により、本施設、貸与品等、農園所有物を損傷させた場合
直ちに当該損傷箇所を修復させるための必要費用を支払うものとします。

 


第16条 【個人情報

      1.個人情報について、別紙「庄黒郎農園プライバシーポリシー(個人情報の取り扱いについて)」に基づき、適切に取り扱うものとします。

但し、生命、身体の保護のために必要があると当農園が判断した場合には、当該保護の
ために必要な範囲で開示、提供することがあります。

 


第17条 【本規約の変更

      1.農園は必要に応じて本規約を変更できるものとします。

変更の内容または変更された本規約は、農園掲示板または書面にて通知します。

 


第18条 【クーリングオフ

      1.会員は、入会申込を行った日から起算して8 日以内であれば、所定の方法で(書面の提出)会員契約を解除することができます。

受領済みの会費は全額を返金いたします。

 


第19条 【その他
      1.この会員規約に関する準拠法は、日本国内法とします。

 

 

付則

本会規約は、平成22年 4月  1日から実施します。