株式会社マギーホームページ・添加物-アスパルテームについて

You are here>>HomeTop>>添加物-アスパルテームについて

 添加物-アスパルテームについて

添加物について   マギーの基準  │ 添加物危険度表  │



甘味料
アスパルテーム

4

要注意ポイント

アスパルテームはアスパラギン酸とフェニルアラニンという2種類のアミノ酸とメチルアルコールとを結合させたもの。白い結晶性粉末。砂糖の180〜220倍の甘味を持つ。

1965年、アメリカで開発された合成甘味料で、アメリカ、カナダ、フランスなど20カ国以上で使用が認められている。日本では1983年に使用が認可されたが、その安全性については常に論議がなされてきた。危険性を指摘する声は多く、元東京大学医学部講師の高橋氏は次のように指摘している。

「アスパルテーム食品添加物指定要請資料には、『ラットおよびビーグル犬で4000ミリグラム/キログラムまで試料混入による慢性毒性実験を実施したが、いずれの実験においてもアスパルテームの毒性を示す変化は認められなかった』とし、各試験の成績の概略を示している。しかしながら、表示されていない部分のデータをよく見ると、白血球の減少、血清カルシウム濃度の低下、および血清アルカリ性フォスターゼ(酵素の一つ)の上昇がもれていることが分かる。とくに後二者は、1000ミリグラム/キログラムですでに統計学的に有意であることが注目される」(『薬のひろば』1983年7月号より)

人体への影響

アスパルテームをビーグル犬に体重1キログラム当たり3グラム以上経口投与すると、その半数が死亡する。ヒト推定致死量は、200〜300グラム。
アスパルテームで最も問題なのは、フェニルケント尿症(フェニルアラニンの代謝がうまくいかない体質)の新生児が摂取すると、脳に障害が起きる可能性があすことだ。厚生省は、フェニルケント尿症の新生児(数万人に1人)は完全に掌握しているので問題はないとしているが、誤って与えてしまうこともあり得る。
ビーグル犬に1日に体重1キログラム当たり、2グラムと4グラムをえさとともに食べさせた実験では、いずれの投与量でも、白内障が認められた例があり、4グラム投与群では一部にフェニルケント尿症を起こした例があった。しかし、いずれもアスパルテームが原因とは確認されていない。
アスパルテームは水に溶けると、ジケトピペラジンという物質に変化するが、それをラットに1日に体重1キログラム当たり1グラムを2週間経口投与したところ、体重の増え方が鈍り、食欲がなくなり、リンパ球数と心臓の重量低下がみられた。
妊娠ラットに体重1キログラム当たり、4.4グラムをえさに混ぜて食べさせたところ、体重の増え方が極端に悪くなり、食欲もなくなった。そして、生まれた子供の体重の増え方が悪く、生存率もやや低く、目の開くのが遅いものがいた。

『食品添加物危険度事典』 渡辺雄二 著 KKベストセラーズ

前々からその安全性が議論されていましたが・・・

こ、こ、こんなことが・・・

人工甘味料で“元気な精子”激減
日本薬学会のショッキング報告

「清涼飲料水などに使われているノンカロリー人工甘味料で“元気な精子”が減る」-こんなショッキングな実験結果が日本薬学会で発表された。問題の人工甘味料は「アスパルテーム」砂糖の200倍の甘さがあり、使用量が砂糖の200分の1で済むことからダイエットタイプのコーラや食品などのほか、糖尿病患者の治療食品にも利用されている。
現在、日本では340以上の食品・飲料に添加されているから、誰でも一度は口にしているはずだ。研究報告をした京都府立大の北條康司助教授(食環境安全性学)が言う。「アスパルテームを毎日1回投与したマウスと水だけを与えたマウスを比較したところ、形が正常で直進する“元気な”精子の率は、水だけのマウスが平均25%だったのに対し、投与したマウスは16%前後しかなかった。しかも動物に影響がないとされるレベルの1000分の1の量で精子に障害が起きている。同じ哺乳類の人間の精子にもごく微量で影響が出そうです。早急に使用基準を設けるべきです」

アスパルテームはこれまでにも消費団体などが頭痛やめまい、脳腫瘍などの危険性を訴えていたが、厚生労働省では「問題ない」と許可してきている。

日刊ゲンダイ 2003年4月2日