株式会社マギー・アーユルヴェーダLove

You are here>>HomeTop>>Ayurveda>>Love
株式会社マギー・アーユルヴェーディックライフ
Magi Maguu's Ayurvedic Life


目次アーユルって何?体質診断アーユルヴェーダのウフフ関連商品


Ayurveda Love!
1  2  3  4  5  6

 

愛し合うことは、生命の源!

アーユルヴェーダは生活のあり方について、実に様々な事柄について事細かに書かれています。例えば、起床時間についても、季節や体質によって薦め方が違っていたり、外出時の身支度にまで至っています。
アーユルヴェーダは3つのドーシャ(ヴァータ・ピッタ・カパ)についで生命の維持にとって重要なこととして、「食事」「睡眠」「性生活」をあげています。
ここでは「性生活」についてアーユルヴェーダの考えを紹介しましょう。


インドではカースト(階級制)があったり、ずいぶん昔の話なので少々現代に沿わないこともあります。“愛の使者”(自称)マグ−が愛と性についてご紹介!


アーユルヴェーダには愛し合い、性行為を行うことに対し、8つの型が文献化されています。

愛しあい、性行為をすることは・・・
1.愛人を思い出す。
2.愛人を誉め称える。
3.愛人と楽しむ。
4.長時間愛人を見つめるか、一緒に過ごす。
5.次回の再開日時を約束する。
6.人目を避けて愛人と話す。
7.知的に計画をすすめる。
8.性行為。

こうした、愛や性について体系化したものが【カーマスートラ】です。

* 「カーマ」愛、「スートラ」糸、経典の意。
アーユルヴェーダの基本は長寿、健康です。食事・睡眠・性行為を大きな柱としています。その性行為の部分を体系化したものが、カーマスートラです。

■動物の性行為は、発情期に制限された現象であるが、人間は年間を通じ、性行為を楽しむことが好きである。だれもが、性行為を楽しむのは当然である。

性行為は最大の喜びを与えるものであり、適度に行うと筋肉の強さ、強固さを増進させ、皮膚に艶を与える

性行為の欠如による影響
性行為に対する欲望は自然なものであり、だれにでも頻繁に発生する。この欲望を抑制することは、肥満や心身の筋肉弱体化をもたらす。さらに有害な影響は身体的、精神的消耗、弱体化、大腿の力強さが失われ、感覚器官、運動器官の機能低下、全身性組織の消耗をきたし早死も予想される。

しかしながら、人間として性行為を楽しむためには色々とルールに従わなければならないのです。心身の健康状態、季節、時間、相手・・・

1  2  3  4  5  




目次アーユルって何?体質診断アーユルヴェーダのウフフ関連商品




  

このページのトップへこのページのトップへ